前向き行動録

世界を 少しだけ 面白く 、 少しだけ 格好悪く 。 たくさんの人に 感謝を 。

【ヒッチハイク 】不安と決意をリュックに詰め込んで 脇に挟んだスケッチブックとペンを武器に歩き出す。

こんにちは 。私の行動力を支えるのは たくさんの出会い 多大なる皆さまの 大きな支え たくさんの感謝と感情。

全てを リュックに詰め込みました。移動系女子 ヤグチがお送りします。

 

 

多分 おそらくきっと人生で五本指に入るくらい 勇気を出しました。

 

人によっては全然大したことじゃないのは確かで、

くだらないことであることも確かで、

後ろ指刺されるかもしれないのも確かで、

腫れ物扱いされるかもしれないのも確かで、

 

 

世の中には色々な生き方をしている人がいる。

 

私がぼーっとしている間にも

何かを決断してる人がいたり

逃げている人がいたり

嬉し涙を流している人がいたり

 

自分のできる経験なんてたかが知れていることに気づいた。

 

28歳 長かった?  短かった?

 

出会いに刺激を受けることが続いた。

 

私もやってみたいな。

 

心が動いた。

 

 

人生自分至上一番格好付けたい瞬間が来た。

 

 

だったら やって見たいって思うこと

見て見たい世界を片っ端からやっていくのどうかな。

 

 

そう思ったから

 

 

覚悟決めたよ。

 

 

 

 

聞きたい  ?

 

 

 

教えてあげる  。

 

 

 

 

 

ヒッチハイクを自分のものにしてみたかったからスケッチブックを持って家を飛び出した

 
f:id:lushlife0920can:20170711020920j:image

 

体験談を経験談に 。

きっかけはいつでも転がっていると思うから。

 

 

 

 

 

 

 

計画性を 持ち合わせないまま 家を飛びだした。

 
f:id:lushlife0920can:20170710215111j:image

 

 

 

計画を立てられるなら立てたかった。

それでも

一度決めたことに向き合うことが怖かったから 当日になるまで考えることを辞めた。

 

 

久しぶりに早起きをした。

少しまだ暗い室内。

なんとなく急ぎ足になる。

白いシャツワンピースが 人目に付きますように 。

カーキのリュックにはたくさんのワクワクと不安が詰まっていた。

 

あーどうしよう 。

 

薄暗い空に日が昇る。心地よかった風もいつの間にか日差しとともに消えた。

スケッチブックを持った顔はどこか強張っていた。

不安な顔は 到着地までと決めたから。

 

魔法の言葉 。

 

大丈夫。ナントカナル。大丈夫。

 

 

 

いつもより大きく見えた道路 いつもより小さくなった私

 

午前6時の空の日差しが照りつけた。流れる汗は焦りへと変わる。

スケッチブックは脇の下。

少しの勇気の壁は高い。

 

帰りたい 帰りたい 帰りたい

 

脳内の8割で埋め尽くす言葉 。

足が竦んだ。 

 

 どうしよう。このまま何もしないで終わる?

 

 

 

私の気持ちを強くしたもの


f:id:lushlife0920can:20170711014545j:image

 

気をつけてね の言葉

待ってくれている 人 

 

決意を固めたのは私だ 。

 

キットカットは 乗せてくれた人への リターン 。

 

これを  渡しながら 旅をしよう 。

 

 

そう決めた。

 

 

 

 

逃げるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逃げない 。

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間 羞恥心を捨てた。

 

信号待ちの視線は凶器に変わる。

 

スケッチブックを胸の前に持って

背伸びをしてみる。

笑顔になってみる。

 

朝日のスポットライトが一気に集中攻撃を仕掛けて来た。

 

 

 

開始 6時から一時間経過した。

 

 

 

 

暑い。雨上がりの 空はいつも以上に張り切っている。

信号は何度赤と青を繰り返しただろう。

 

 

 

 

 

 

その瞬間は突然来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い車からの アクション 

 


f:id:lushlife0920can:20170711014505j:image

 

 

 

助手席からひらひらと手を振る。

信号は赤 。

 

『 熊本?どこ行くと?   』

 

喉からじわじわと込み上げてくる。

目があつい。込み上げて来そうになった涙は蛇口をひねるみたいにぎゅっと締めた。

手に握る汗。

 

 「はいっ!どこでもいいです!!本当は私 宮崎に行きたくて・・・」

 

無情にも信号は青に変わる。

 

あ・・・。

 

 

信号先で止まる 車に 自然と駆け足になる。

 

 

『 俺ら熊本でこれから商談なんだけど、どうしよ。これ上司に見られたらやばいけん とりあえず乗って!!!!!』

 

 

時速100キロで時間は急に動き出した  -------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしよ 。

 

物語 調になってしまった。  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦う?  or   逃げる?   ▼

 

 

 

 

 続き知りたい?